サイト運営者のみなさん、情報公開時のリスク対策&品質チェック、できていますか?

シンプルなワークフローで質の高いサイト・メディア運営へ。

baserCMSプラグイン『公開承認ワークフロー』でリスク対策と品質管理を万全に

イラスト1
イラスト2

複数人でのサイト・メディア運営の
“うっかり・確認不足” を防ぎたい

サイト更新、こんなことで
お困りではありませんか?

  • 間違った情報を気付かずにアップしてしまった……!
  • まだ出してはいけないIR情報が手違いで公開されていた。
  • スタッフに情報発信業務を任せるのは少し不安……。
  • 公開前にクオリティをチェックしたい。でもフローが面倒……。
  • 外部ライターに入稿まで依頼したいが、大丈夫だろうか……?
イラスト

情報公開時のフローはシンプルに。
リスク対策と品質チェックは万全に。

重要!ページ制作→確認修正→情報公開

baserCMS専用
『公開承認ワークフロープラグイン

『公開承認ワークフロー』プラグインを導入すると、IR情報や自社のWebページ、メディアコンテンツなどの公開時に、事前に管理者の承認を受けるステップを追加することが可能です。情報公開時のワークフローはシンプルに、リスク対策と品質チェックを同時に実現します。

公開承認ワークフローのイメージ

公開承認ワークフローのイメージ
確認依頼・確認結果は
メールで通知
承認依頼はメールで通知。通知メールに記載されたURLをクリックして承認作業を実施します。記事の公開を却下する場合は、メッセージをつけた上で承認依頼を差し戻す事が可能です。
公開後の変更にも
承認フローを適用可能!
公開後に変更が発生した場合にも、承認者に承認作業を求めるフローを適用することができます。
baserCMSのプラグイン
として簡単導入
baserCMSのプラグインとして簡単に導入することが可能です。Webページとブログ記事の両方に標準対応しています。※『baserCMS(ベーサーシーエムエス)』は、株式会社キャッチアップが開発元として提供しているオープンソースCMSです。

外部ライターとの連携を
スムーズ・かつ慎重に

クオリティチェックから公開まで効率的なフローを実現

外部ライターとのフローを構築する際に重視したいことは、ワークフローの効率化と品質チェック。baserCMSの『公開承認ツール』を使えば、外部パートナーに入稿を依頼しても公開承認権限を活用してスムーズな公開体制を整えることが可能です。

外部ライターとの連携をスムーズ・かつ慎重に

社内広報・スタッフとの
コミュニケーションを円滑に

運用しやすい環境だからこそ継続できる情報発信

自社でオウンドメディアやブログやニュースを更新する際にも、baserCMSの『公開承認ツール』を使うことで「継続して運用しやすい環境」を整備することが可能です。Webサイトをしっかりと運用するためには、質の高い情報発信を「継続」して行うことが重要です。

社内広報・スタッフとのコミュニケーションを円滑に

開発拠点が国内だから安心・
スピーディーなサポート体制
日本人のために作られた
国産CMS 『baserCMS』

『baser CMS(ベーサーシーエムエス)』とは、福岡のシステム開発会社・株式会社キャッチアップが開発したオープンソースCMSです。コンテンツマネージメントシステム(CMS)を用いた設計や開発が得意だからこそ、シンプルで使いやすい画面設計や、より簡単な運用設計をイメージして作られています。日本語を標準としており、サポート体制も全て国内。まさに、日本人のために作られた国産CMSです。
イラスト

あなたに最適なプランを選択ください

Monthly plan

お試しに数ヶ月使用してみたい方向け
月額払いプラン
9,800円/月(税抜)
  • 月額契約中はお電話にて安心サポート
  • 月額契約中でも途中買い取りが可能です
※ 月額契約はいつでも解約可能ですが、月額契約が16ヶ月経過後はいつでも無料で買い取る事ができ、そのまま利用する事ができます。

Purchase plan

すでに導入を決められた方向け
初回買い取りプラン
128,000円(税抜)
  • 買い取り月から15日間はお電話にて安心サポート
  • カスタマイズをご希望の方は別途ご相談ください
イラスト