【キャッチアップで働く理由#8】ディレクター 小河 季永

こんにちは!梅雨が明けて本格的な夏到来ですね!! 広報アシスタントの榮田です!

「なんでキャッチアップで働いてるの?」「キャッチアップってどんなことしてるの?」興味を持ったアナタに向けて♪

キャッチアップ社員のリアルに迫ったインタビューシリーズ、『キャッチアップで働く理由』第8弾!キャッチアップの“ハンサム女子”こと、ディレクターの小河 季永さんにインタビューです!

サバサバ・シャキシャキの小河さんは、なんと業界未経験での入社!入社時のおもいや、現在のディレクターとしての楽しさなどを聞いてみました!!

それでは、ご覧ください!!


 

 

入社前のこと。

キャッチアップに入る前は何をしていましたか?

製造業の会社に始まり、Web広告の会社に。福岡に来てからは、出版社の次がキャッチアップですね。

そうだったんですね!!異なる業種を経験されてきたんですね!!キャッチアップに出会うまでの、「ここ受けてみよう!」となるまで、どんな道のりでしたか?

まず、自分が興味があることを仕事にしたい。それと、犬を飼い始めたこともあり、オフィス勤務に加えリモートワークもできるところを条件に探していました。

小河さんは、愛犬家ですっ!!笑 ズバリ興味があることとは!?

プログラミングとかに興味があったのでそういう世界でディレクターとして働いてみたいなっと思いました。

 

そして、キャッチアップへ。

キャッチアップはどこで知りましたか?

転職サイトで求人が出ていたのを見て応募しました!

キャッチアップに初めて来た時の印象はどんな感じでしたか?

めっちゃ印象的でしたよ!オフィスに行ったら照山さんが出てきて、「めちゃくちゃ綺麗なお姉さんがいる!!」と思いました♪

キャッチアップの“ママ”こと、照山さんですね!!

あと事前にホームページで、オフィス内の画像を見ていたので、「画像通り、綺麗でおしゃれだな〜!」と思っていましたね。

実際入社した時の感想を教えてください!

「みなさん、仲いいな〜。」「アットホームな会社だな。」と思っていました!
私は内定もらった後、入社前にクォーターミーティングに参加したことがあったのですが、そこでみんなのオフラインでどんなコミュニケーションとっているかが分かったし、リモートワークの場合でも朝会やSlackの雑談チャンネルなどで仕事以外でのコミュニケーションの場があるので、そういうのを通して仲の良さ、楽しさを感じていますね。

                   

業界未経験での強み

小河さんは、業界未経験で入社しましたが、面接の時にどんな風に自分をアピールしましたか?

未経験ということが、私にとってとってハンディキャップなところだなと思いました。しかし、前職での制作進行の経験とこれから臨む職がかぶるとこを事前に洗い出し、自分なりに調べて想像しながらアピールできたと思います。

なるほど共通のことを探すのは今の業務に活かしやすいですよね!!

でも、未経験でも他の業種で培ってきたこともあるんです。
私の場合Web広告の会社に在籍していたこともあり、Web制作のマーケティングやPRもキャッチアップの範疇外かもしれないですが、一応知見があります。というのもアピールポイントにしていましたね。

かっ!かっこいい!!小河さんの武器ですね!!

                   

今、こんなことしています。

今キャッチアップでどんなことをしていますか?

簡単に言うとディレクターとして、クライアントの意向をヒアリングし、エンジニアの作業を監修し、進行をうながしていく。 また、トラブルにも臨機応変に対処し、それを解消していくことをしています。

仕事をしていて楽しいな、と感じることはありますか?

クライアントと関わる楽しさももちろんある上でそれ以外で言うと、クライアントの要望に対して「こうやったら、いいのできる!!」ていうのをエンジニアに伝えたときに、「この要望だったら、こうしたらもっといいよ!!」という自分が考えてたこと以上のことを提案された時に、「めっちゃ楽しいっ!!」ってなります。
クライアントの要望の1歩先へいけた時に喜びを感じます。テンション上がりますね。笑
あと、制作において機能要件というのをまとめるのですが、ちゃんと誰かに伝わるように整理されたかたちで、まとめれた時の達成感!!!

達成感は自らのモチベーションアップにも繋がりますね!では、難しいと感じるところはありますか?

システム周りののこととか、プログラミングのことがわからない時!これからもっと勉強してカバーしていきたい!幅広い知識でお客様の要望にスムーズに答えられる引き出しの多いディレクターになりたいな。と思っています!

                   

今後の目標。

今後どうゆうことをキャッチアップで実現していきたいですか?

ざっくり理想を言うと、バリバリプログラミングの知識があるディレクター!!

もともとプログラミングに興味があってこの業界に入ろうと思ったって言ってましたもんね。

今基礎から勉強も始めてて、色んな方法・表現の仕方がある中で、こうやるとスマートだとかバグが少ないとかを考える作業に魅力を感じています!ディレクターの仕事をしつつエンジニアの仕事にも触れられるのは、キャッチアップに入って良かったな。と思える瞬間でもあります。

そんな小河さんのBlog、ITパスポートを取得するまでの熱いストーリー『業界未経験の新入社員がITパスポートとってみた』 も必見です!

                   

最近の趣味、PFCバランスを考える。

小河さん、趣味は何ですか!?

最近の趣味は、ダイエットですね!!PFCバランス!(Protein/タンパク質、Fat/脂質、Carbohydrate/炭水化物)理想の痩せたい体重に合わせて体重をコントロールすること。
意外と自分の食生活書き出すと面白いですよ!!管理するアプリもあるんです!!あ、今日タンパク質足りてないな〜とか、脂質めっちゃとってるな〜とか分かりますよ!

続くのが凄い!!

入力するのが面倒くさくて「今日お菓子食べるのやめよっ!」とかになりますよ。笑

相乗効果じゃないですか!!私もやってみたくなりました♪

                   

小河さんにとってキャッチアップとは!?

『遊んでくれる人がいっぱい居るところ』

キャッチアップって他の会社より、業務などに関して私のやりたこととかを面白がってくれる人が多いなと思いました。
「それ、いいね!」「こうしたらもっと良くなるんじゃない?」というような“できる”をつくる為のコミュニケーションを“遊んでくれる”という言葉に例えました。

チームで一緒に考え、「できる」という体験は、個人の成長にも繋がりますよね!
小河さん、ありがとうございました。


『キャッチアップで働く理由』第8弾!
いかがでしたか?

今までのキャリアを活かしながらも日々、幅広い知識でお客様の要望にスムーズに答えられる引き出しの多いディレクターを目指す小河さん!

キャッチアップのメンバーと“できる”を共有したい方!ぜひ見学(只今オンライン)に来てくださいね! 

 

次回は、エンジニアの森下さんのインタビューです!お楽しみに!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AUTHOR

榮田 真里

榮田 真里 広報アシスタント

大阪生まれ福岡育ち。
関西弁と博多弁のバイリンガルです♪

趣味は、ねこと娘のポートレートです。
スコティッシュフォールドを2匹飼ってます。

愛猫をナデナデしながら育児疲れを癒しています。笑
そんなねこと娘の成長記録を写真におさめて、ニヤニヤする日々を送ってます。

これから広報としてキャッチアップの情報を発信していきます!!
よろしくお願いします。

AUTHOR'S POSTS

NEW POSTS

RELATED