【キャッチアップで働く理由#1】エンジニア 渕上将和

こんにちは!広報アシスタントの榮田です。

「なんでキャッチアップで働いてるの?」「キャッチアップってどんなことしてるの?」興味を持ったアナタに向けて♪

キャッチアップ社員のリアルに迫ったインタビューをシリーズ化します!

 

『キャッチアップで働く理由』第1弾!キャッチアップの優しさのかたまり、渕神様✨こと渕上将和さんにインタビューです!

会社創設前の貴重なエピソードも聞いちゃいましたよ♪

それでは、ご覧ください!!


様々な選択肢がある中で、キャッチアップで働くようになった理由は何ですか?

代表が「一緒にやろう!」と言ってくれたからです!!遡ると、会社創設前からの付き合いになります。元々接点があったわけではなくて、その頃すでに代表はフリーランスとしてお仕事されていたのですが、同じくフリーランスだった僕の方から「お手伝いさせてください!!」と言ったのがきっかけですね。

接点がないと言われてましたが、どこで代表を知りましたか?

検索ですね!!

え〜!検索ですか〜!?

フリーランスでフロントエンド、HTMLコーダーをしているうちに、バックエンドの仕組みに興味を持ちました。「どこかに行けば何か掴めるかも!」と思い検索して、今の会社になる前のキャッチアップのサイトにある、パートナー募集のフォームから応募しました。そして代表にたどり着いたんですよ。

一人じゃなく誰かとやって行こう!!と思われたんですね!!ちなみに代表の第一印象って・・・。

ちょっとぉ〜w昔すぎてあんまり覚えてないですけどwww人柄とかいい印象しかなかったですね。

なるほど。もうこの人と一緒にやって行こうと・・・決め手は何だったんでしょうか。

決め手は、同じフリーランスという立場だったからですかね。集まって何かをやりたい!という気持ちがあったので。代表の人柄とbaserCMSという武器。そして、コンタクトを取って「一緒にやりましょう」までが早かったからですかね。約2年のフリーランスで携わる期間を経て今の株式会社キャッチアップに入社となったわけです。

 

就職活動時にあらためて考えた、人生を通して実現したいことを教えてください。

最初からフリーランスで仕事されてたんですか?

電気工事士の仕事もしていましたし、福岡のWeb制作会社にもいましたよ。

電気工事士っっ!ちょっとそのお話しも気になりましたがw続きをお願いします!!

当時25歳で自分は何するんだってなった時に「1番好きなWeb​でやろう!!!」と決めてから今に至ります。

これからもずっとWebで生きていく!

これからもずっとですね!キャッチアップがある限り!!代表がちょっとでも楽に仕事ができるようにする事が僕の使命です!

すっ!素晴らしいです!!

今キャッチアップでどのような仕事をしていますか?

僕はWebエンジニアです。baserCMSを通して利用者、運用者、開発者もみんなが楽になってほしいという思いで仕事をしています。

ただのエンジニアじゃないっ!という事ですね!!baserCMSというのがコアとしてあってそれを活用した上で、みんなが楽に仕事ができるようにということなんですね!

そうですね。だからこそプラグインの開発もしてきました。

プラグインの開発は、自分が欲しくて、それとも誰かに欲しいと言われてやるものなのでしょうか。

70%が欲しいと言われて、30%は自分が欲しい。baserCMSを通じたコミュニティの中の仲良い人達や、フォーラム、クライアント様のお話など、様々なところにアンテナをはっています。誰かが必要としている事が分かった時!プラグインが生まれます!

入社後、一番最初にイメージしてたやりたい事とのギャップはありますか?

特にないですね〜。僕、javaを学ぶために職業訓練校に行ってたんですよ。でも実際はPHPのこととか最初は分からず・・・わかやすく丁寧に教えてもらって仕事をするうちに身について行きました。

なるほど!普通ギャップがあるものかと思ってましたが・・・

そうですよね〜。一番最初のイメージがなかったので。とりあえずこれからやることを何でも吸収して行こう!何をしよう!?ではなくて、これから新しいことを一緒に仲間とやって行こうと思いました!

っっ!!お人柄が滲み出ていますっ!

入社して『これやって欲しい!』と言われたことは何ですか?

baserCMS初の大規模案件となった福岡工業大学のホームページ制作です。膨大な量のデザインをHTMLで組みあげました。代表は、プログラムを、僕はHTMLをつくる。

っっ!そのままその通りにできたのですか?

もうっ!ガンガンやりましたね!w

その時間は楽しかったですか?

楽しかったですよ!もちろん辛かったですけどw

辛いよりも楽しかったと!?どんなことが楽しかったですか?

「仕事としてちゃんと進んでる!!」という感触ですね!フリーランスでやってる時より、誰かと一緒にやってる方が達成感や充実感が違うということですかね。

仕事で、『やった!』という大きな喜びを感じたエピソードを教えてください。

やはり最初の案件、福岡工業大学のホームページ制作ですね。半年〜1年、代表と走り抜いたリリースの達成感

長い案件のモチベーションを保ち続ける秘訣を教えて下さい。

役に立ちたい、少しでも手伝いたい。というおもいですね。そして代表に「やってくれて助かった。ありがとう。」という一言でもっと頑張れる!!!みたいな。この件に関わらず社内、外のみなさんからの「ありがとう」がモチベーションUPに繋がります!

仕事において心がけていること、モットーはありますか?

大きな変化より堅実に積み重ねて悪いところを潰し、綺麗なベースにして次のステップへ行く。

大きな変化といえば!今、コロナで有無を言わさず大きな変化を求められている状態ですが、仕事に関しての状況はどのように変化しましたか?

リモートワークに対しての会社の環境整備が早かったので問題なくスムーズに移行できました。どちらかと言えばやりやすくなってますね。僕が1番大きなのは通勤時間が短縮できたこと!リモートワーク手当てもでますし♪

リモートワークで、社内のコミュニケーションはどうやってとっていますか?

雑談でコミュニケーション取ってますね!会社の環境整備に含まれるTandemzoomSlackを使用してます。出社しないからこそより意識して連絡を取ろう!という気持ちにもなりました。

渕神様✨の柔らかい感じで声掛けてもらうと話しやすいですっ!!

今後、キャッチアップでどういうことを実現していきたいですか?

一時期はマネージャーとして携わっていたこともあるのですが、その経験を活かして、社員のボトムアップをしていきたいですね。

これからもよろしくお願いしますっ!!!

最後に、あなたにとってキャッチアップとは?

『ずっと僕がいる場所』です!

 

 


『キャッチアップで働く理由』第1弾!いかがでしたか?

取材中も終始なごやかな雰囲気で行われ、柔らかな物腰が印象的な渕神様✨。癒されました!!!創業時の貴重なエピソードや、「皆の為に!」を常に考え行動する話も聞けました!

プチ情報ですが、ヘアスタイルは、なんと奥様がカットされているようです!ラブラブ❤️なところも垣間見れました♪

そんな渕神様✨がいるキャッチアップで一緒に働きたい方はぜひ!!コチラから!!

 

次回は、シニアエンジニアの坂口さんのインタビューです!お楽しみに♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
榮田 真里

榮田 真里

広報アシスタント

大阪生まれ福岡育ち。
関西弁と博多弁のバイリンガルです♪

趣味は、ねこと娘のポートレートです。
スコティッシュフォールドを2匹飼ってます。

愛猫をナデナデしながら育児疲れを癒しています。笑
そんなねこと娘の成長記録を写真におさめて、ニヤニヤする日々を送ってます。

これから広報としてキャッチアップの情報を発信していきます!!
よろしくお願いします。

こんな記事も書いています

RELATED