そうだ、京都行こう。 - オープンソースカンファレンス京都 -

こんにちは、ディレクターの武藤です。
2019/08/03(土)のOSC京都に参加するために、マネージャーの内場さんと京都へ行ってきました。

キャッチアップではオープンソースである「baserCMS」の支援活動を行っています。
「baserCMS」を知ってもらい、より広く使っていただくことを目的に「オープンソースカンファレンス(OSC)」というオープンソースのイベントにも積極的に参加しています!

【OSC(オープンソースカンファレンス)】
2004年より、日本全国各地で開催されているオープンソースをテーマにしたイベントです。
スローガンは「オープンソースの「今」を伝える」。
入場料・参加料は無料で、オープンソース関連のコミュニティや企業、団体が最新技術や成果を公開、発表したり一般来場者やOSCを後援、協賛する大手や著名な企業団体を含めて情報交換をしたり来場者向けにセミナーを開催するなどの活動を目的に出展することで日本におけるオープンソースの活性化を促しています。
引用:wiki「オープンソースカンファレンス

baserCMSのファウンデーションとしては恒例のOSC京都への出店ですが、自分にとっては初めてのOSCとなります。
前日の午後から移動を開始し、修学旅行以来となる京都へ向かいました。

そして夕方の、まだ明るい時間帯に無事に到着。
ホテルへのチェックインを済ませようと駅から出た瞬間に、とんでもない暑さがお出迎えしてきました。
すごいですね、京都。

バス停に設置されているミストがすごくありがたかったです。
日が落ちた後にホテル周辺を散歩したさいには、石畳や昔ながらの屋敷など、THE・京都 を少しだけですが体感できました。

そして当日

09:00からのブースの設営準備のために、会場である「京都リサーチパーク」へと向かいました。
バックオフィスの新田さんが事前に機材を送ってくれていましたので、荷物も最小限で済みました。
本当にありがとうございます。

機材の設置マニュアルなども丁寧に用意していただいてますので、初参加の自分も着々と準備を行えました。
バックオフィス方のこういう気配りって素敵です。

また、設営準備中に、baserCMSの近畿・中部UGの森川さんと合流できました。
森川さんは何度もOSCに参加されており、非常に心強い方です。

三人で設営を行い、無事にブースの準備完了です!
福岡からは「博多の女」、福井からは森川さんが「北陸限定アルフォート」を持ってきましたので、ノベルティと一緒に展示しています。

いよいよ10:00に開始し、来場者が入れ替わり立ち替わりにブースを巡っていきます。
自分も他ブースを見て回りましたが、誰でも地図を作ることができるOpenStreetMapや、レトロPCの展示、レゴを使ったUFOキャッチャーなどなど…
非常に興味深いものが多く、全てをじっくり見ることはできなかったのが心残りです。

baserCMSのブースにも様々な方が訪れ、出展者としてちゃんとお仕事をしてきましたよ!
事前の打ち合わせで、今回の出店は認知度向上をメインの目標に据えていました。

「こんなCMSがあるんだ」「なにかに使えるかも」

…と思っていただけるように、デモ機やパンフレットを用いて紹介を続けていきます。
来場された方々を見て思ったのは、非常に幅広い年代、職種の方がいらっしゃるということでした。

実際に組込を行われエンジニアの方、WEBに興味のある学生さん、べっしーがカワイイと気になった方などなど…

目的も様々に、興味を持って「これ何ですか?」と声をかけていただけるのは非常に嬉しいですね。
その一人一人に対して紹介するに辺り、明確な特徴や強みのあるbaserCMSは本当にいいものだと再認識しました。
やっぱり自分の好きなものを紹介するのは楽しいですし、それが何かのキッカケになってくれれば来た甲斐はあったと思います。

自分だけでは応えきれない質問もあり、度々内場さんや森川さんのお世話になってしまいましたので、
自分自身がもっとbaserCMSのことを知らなければならない課題もありました。
今後のOSC参加の際には、もっと手際よくしていきたいですね!

また、15:15には内場さんの登壇が行われました。
会議室の1室を使い、【baserCMS 新管理画面の紹介と、新バージョン開発】のテーマの発表です。
内場さんが発表される内容は、自分でも紹介するポイントの再確認にもなるので参考になりますね!

登壇が終わった後には、ブースの撤収作業です。
ゴミや忘れ物がないか確認をして、LT大会と閉会挨拶の会場へGo!
LT大会では予想の斜め上を行く内容が多く、会場も盛り上がりを見せていましたよー!
1つ1つは短い時間でありながら、印象に残るものがすごいですね。

閉会の際には来場者数が発表され、08/02(金)と03(土)を併せて700名超が参加された模様です。
そのうち500名は土曜日だったらしく、OSCの賑わいを実感しました。
OSC京都の後には、島根・広島と続いて開催されるので、こちらも気になりますね!

最後には懇親会にも参加しました。
京都タワーにあるビアガーデンにて、150名も集まっての懇親会です。
日中の熱さも和らぎつつ、お酒も飲みながら充実しましたよー!
OSC以外のオープンソースの催しの話や地場の情報など、その場ならではの会話で盛り上がりました。

特に印象に残っているのは、OSCなどの場はキッカケづくりであり、
知り合った人たちがお酒を片手に「あーしたい」「こーしたい」を語って、
お互いに持ってるものを持ち寄る、もしくは新しく作ることができればいいんじゃないか…といったことを話されている方がいました。

確かになるほど!となる内容であり、そこでbaserCMSが絡めたら面白いですね。
または、こちら側が持っている「あーしたい」「こーしたい」に対して、違った角度からの意見を貰うというのも貴重だと思います。

初めてのOSC参加でしたが、印象に残るものが多く、また新たなOSCやイベントにも参加したいと思える良い体験でした!
また、この場を借りてになりますが、開催者・運営スタッフの皆様、来場いただいた方々、本当にありがとうございました。
内場さん、森川さんにも本当にお世話になりましたので、また自分自身がこういった活動に参加してお返ししたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
以上です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武藤 海

武藤 海

ディレクター

エンジニアの方が気持ちよく作業できるように心がけています。

こんな記事も書いています

RELATED