キャッチアップ、Newふぇいすヽ(*´∀`)ウッチーの登場です!

welcome ♪

「私、こう見えて実は"古い車・バイク大好き"なんです!」
 
こんにちは、キャッチアップの内場です。
最近入社した いわゆる新入社員、ニューフェイス!
周りをキョロキョロ、まだまだ毎日ドキドキです。

新しく覚えることもたくさんですが、早く現場に慣れつつ
ゆるゆると1つずつできるようになりたいと思います。
どうぞよろしくおねがいします。

さて、早速ですが・・・・
 
私、古いものが大好きでして見てるだけでいい気分になっちゃいます。
 
269e7dd8_720.jpg
 
具体的には古い家や街並、車、バイク、小物あたりが好きですね。
デザインが質素だったり、古ぼけた雰囲気だったりが可愛く、なんだか独特の存在感を感じるんです。
錆とか哀愁です。錆、最高!
それとどんな人が使ってたんだろうとか思いを馳せるとジーンときます。マイ・ロマン・ワールドです。

特に古いバイクと車が好きで、年代としては1960年前後の所謂旧車と言われるヤツが大好きです。

1960年前後といえば戦後の経済成長期。
どこの車・バイクメーカーも海外のレースで勝てるような車体を作るのに躍起になってる時代だったようで、
各メーカー本気の車体を作り続けてる時代でした。

「ウチの会社、◯◯が得意だからその分野で他のメーカーより速い車体作ろーや」

とか言ってたんですよねきっと。胸熱です
ちなみにちょっとマニアックな話なんですが、世界で初めて時速200km以上まで加速できるバイク作ったのはみなさんご存知、あの有名なHONDAです。
海外のレースでブッチ切りだったそうです。その感動を味わいたかった。
 
img_2020_720.jpg

そんな胸熱時代のバイクとか車、初めは古いからすぐ壊れそうってなかなか手が出せなかったんですよね。

でもそんな折、私の旧車の師匠の一言にヤられました。
「壊れてくれるから可愛いんよ。手間かければかけるほど愛着湧くよ」
なるほど、、愛着っすか。

とりあえず気楽に乗ってみたんですがドンドンはまっちゃいました。

初めは見る乗るで満足だったんですけど、少しずつ整備を覚え、簡単な修理を自分でするうちにまたまたハマってしまって。
その当時のバイクとか車って現代車と比べて作りがシンプルなので、プラモデル感覚で自分一人の力でなんとか修理できちゃうんです。
そして思ったより壊れない。

そのうち1台まるまるレストアできるようになりたいですねー。
 
img_2530_720.jpg

新車なんか存在しないしスピードとか燃費とかは現代車に比べるとダメダメ、
でも当時の雰囲気を感じながら、そして当時を知る”全く知らないおじさん”に声かけられる私の旧車ライフ、
いかがでしたでしょうか。

以上内場でした!


弊社には、他にも「車♡好き・バイク♡好き」 が いるので、集まっちゃ~語り合っちゃうんでしょうねぇ(怖いです)
はい、そこの「バイク&車好き」な、あなた!コチラまで→楽しい日々がまっている連絡お待ちしておりますm(_)m
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内場 龍彦

内場 龍彦

エンジニアリングマネージャー

WEBエンジニア。
サーバーサイドは主にPHP書きます。フロントはHTML5、CSS3、jQuery書いてます。

こんな記事も書いています

RELATED