キャッチアップは新型コロナウィルスなんかに負けないぞ!

新型コロナウィルス感染予防措置として、キャッチアップでは 2月よりリモートワークを推進してきましたが、緊急事態宣言を受け更にリモートワーク期間が長くなるであろうことを想定し、様々な工夫をしています。

 

キャッチアップ・コロナウィルスに負けるな企画

キャッチアップではリモートワーク期間中、以下を取り入れています

  • 社員・アルバイト問わずフルリモート

クラウド PBX を導入
家にいて自分のスマホを使いつつ会社の電話と同じに使える(個人情報はさらさない)

  • ZOOMでコミュニケーション

SnapCamera を使ったり背景を「龍が如く」にしたりしても OK  

  • アイコン手当

Slackの雑談チャンネルで「おお!」な投稿をして、みんなからアイコン5つ以上取ったら1万円 Get〜

  • ミーティング(小規模)はZoomとかハングアウトとかで参加

少人数の部屋を作ったりします

  • 会社の定期ミーティング(大規模)もオンラインで

終わった後は、オンライン懇親会を開催。そこで食べる物は1人2500円まで会社で補助!ピザとか出前とか好きな物を頼んでOK

  • 面白企画

懇親会で全員参加コンテンツを企画「新型コロナのこのご時世で流行るサービス」(大喜利)グランプリには10000円のAmazonギフト券プレゼント

  • リモートワーク中、会社からの情報共有はポータルサイトのトップに掲載

代表が「リモートワークで気持ちを切り替えるコツ」とか発信してくれます

 

多様な環境に耐えうる働き方

キャッチアップは、多種多様で変化のつけやすい働き方を推進し、メンバーのモチベーション維持に繋がる仕組みづくりに力を入れ、どのような状況でも働きやすい環境を提供していきたいと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
照山 章子

照山 章子

シニアバックオフィサー

経理・人事・広報、いわゆるバックオフィス全般を担当しています。
広報活動と称して、いろいろな方と飲みつつ新しいプロジェクトの話しをするのが好きです。

【福岡IT婦人会】絶賛会員募集中、入会条件など興味のある方は、照山までご連絡ください。

こんな記事も書いています

RELATED